二次創作

”RTA小説”の特色とおすすめ作品について

「RTA小説」「RTA風小説」といったジャンルが、一時期二次創作小説界隈で流行っておりました。走者は原作を踏襲しつつ、より速く目的を達成しようと目指します。その中でのテクニックのユーモアさや周りの人との認識の違い(すれ違い)が魅力だと考えています。 本記事では「RTAと通常攻略の違い」をスタート地点としてRTA小説の特徴をまとめて、具体的な作品名を載せていく方針です。
二次創作

二次創作小説紹介_おすすめ作品まとめました【最終更新2021.12】

二次創作作品について記事を上げてきましたが、量が多くなるにつれて探しにくくなっていくことが予想されます。なので、過去に紹介した二次創作作品を原作順にまとめました。 この記事では「完結している、もしくは一区切りついている」「既に個別記事...
お知らせ

当ブログで使用しているサービス、収集情報について【随時更新】

当ブログで使用しているアフィリエイト、友達紹介、情報収集サイトなどを纏めています。
二次創作

【検証】ネット小説のタイトルは本当に長いのか(前編) ver.2022.05

タイトルが長いのはネット小説全般なのか、「小説家になろう」特有なのか。謎を解き明かすために主要ネット小説投稿サイトで同様な調査を行うこととした。前編では「ハーメルン」を中心に取り扱っていく。
実用書

知っておきたい、1900年以降の化学製品の問題児たち6選【「絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている」 紹介】

今回紹介する書籍は左巻健男著「絶対に面白い化学入門 世界史は化学でできている」です。化学によって産業が発展したり便利になったりした側面もあれば、負の作用もいっぱいあります。あえて学校では触れにくい負の側面を知ったうえで、知識を深めてほしいと思っております。
二次創作

【RTA二次創作_紹介】ウマ娘 ワールドダービー 凱旋門レギュ『4:25:00』 ミホノブルボンチャート

ルルマンド様作、『ウマ娘 ワールドダービー 凱旋門レギュ『4:25:00』 ミホノブルボンチャート』の紹介記事です。70%以上とストーリー比率の高さが特徴で、苦手な人や初心者が受け入れやすい作品となっています。ミホノブルボンを可愛いと思っている人だけでなく、とっつきにくさを感じている人にも読んでほしいRTA小説でした。
二次創作

【RTA二次創作 紹介】よう実 最速Aクラス卒業RTA Aクラス綾小路籠絡ルート

本記事は月島さん様作「よう実 最速Aクラス卒業RTA Aクラス綾小路籠絡ルート」の紹介記事となります。RTA小説として珍しいミス0を成し遂げた作品です。チャートとしての隙の無さに加え、周りへの人心掌握が特徴でした。
二次創作

【RTA 二次創作紹介】(RTAネタ)吾輩はE.M.M.I.である

気力♪様『【RTAネタ】吾輩はE.M.M.I.である』はRTA被害者の視点からの物語です。技術が磨かれていく中でスキップされるボスたち、掻い潜られる封印。被害者1による解説により、シリーズを知らない中でも楽しめるデザインとなっていました。
小説

【検証】本屋大賞ノミネート作品のタイトルは本当に長いのか ver.2022

仮定:小説家になろうの人気作品のタイトルは本当に長いのか、検証第2弾です。今回は本屋大賞ノミネート計192作品を対象に調査を実施しました。
その他

【検証】なろう小説のタイトルは本当に長いのか ver.2022

仮定:小説家になろうの人気作品のタイトルは本当に長いのか、検証第1弾です。前提知識として月間ランキング300作品を対象に調査を行っています。
その他

3分で分かるキャラクター診断攻略法【D4DJ Groovy Mix】

「グルミク1.5周年記念生放送」にて突如発表されたキャラクター診断。好きな初期星4キャラクターが入手できるイベントです。欲しいキャラクターがいる、被りを選びたくない人向けに全質問をまとめた記事となっています。
その他

【検証用】プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク ノーツ数まとめ

本記事は「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」にて2022年4月16日現在実装されている180曲について、ノーツ数などデータをまとめた記事となっています。 ノーツ数まとめ 合計ノーツ数のランキングおよび所感...
二次創作

【RTA風 二次創作紹介】乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった2周目に転生してしまった…

蒼樹物書作「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった2周目に転生してしまった…」は主要人物のほぼ全員が前世の記憶を有しています。そして、一人の女性に振り向いてもらおうと策謀を立てているのです。記憶を全員が持っていると互いが互いに邪魔をしあう、忘れがちなことを本小説は伝えてくれました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました