RTA小説の特色とおすすめについて

この記事は約6分で読めます。

 

「RTA小説」「RTA風小説」といったジャンルが、一時期二次創作小説界隈で流行っておりました。走者は原作を踏襲しつつ、より速く目的を達成しようと目指します。その中でのテクニックのユーモアさや周りの人との認識の違い(すれ違い)が魅力だと考えています。

本記事では「RTAと通常攻略の違い」をスタート地点としてRTA小説の特徴をまとめて、具体的な作品名を載せていく方針です。

RTA小説について

RTA小説とは

RTA小説は「キャラクター」が「既存のストーリーを準拠」しながら、できる限り最短で目標を達成することを目指す小説です。

走るためなら倫理を軽くする走者一行と周りの温度差を楽しむコメディー要素、自己犠牲になりがちな走者が雁字搦めの中心となるシリアス要素、作者によって持っていきたい方向性は異なっているジャンルとなっています。

キャラクターによる一人称だけでなく、実況者視点(Biim兄貴リスペクト)、協力者視点といった視点の移り変わりを活かすことによって、「謎行動⇔種明かしのサイクル」「勘違い要素」などといったものも入れることができます。

RTAとは

RTAとはReal Time Attackの略であり、目標を達成するために用いた現実時間の短さを競う種目です。タイムアタックと、セーブ&リセットや休憩・調整時間の扱いが違っています。

目標と禁止事項によって、幾つかのレギュレーションに分けられます。記載のない場合、Any%であることが大半です。

  • Any%:エンディングを見るためになんでもあり
  • Glitchless:バグの利用を禁止する
  • 100%:コンプリートを目標とする
  • NG+:別のデータで仕込みを行う(エンディング経由のアイテム引継ぎ、乱数調整など)

通常プレイの延長線上の最適化から、解析・人力TASのようにシナリオが崩壊するものまで、レギュレーションごとにシナリオの生存確率は大きく異なっています

1.動作の最適化

ゲーム内で可能だと想定された動きを用いたRTAです。大規模なバグを用いているわけではないので、ストーリーの流れは無事です。(ただし、会話文は時間の無駄になるため飛ばされる)Any%_(Glitchless)の大半が当てはまります。

洗練されてくると、TAS(Tool Assisted Sppedrun)と区別がつかなくなってきます。実力が問われるため、競技性の高い部門となります。時折、新たなバグの発掘もしくは運営の修正でタイムが更新されていきます。

具体例:(Part 1リンク)

【RTA】星のカービィSDX 100% 1:13:35(ぷーれ様)

【RTA】 星のカービィ 参上! ドロッチェ団 100% 59分44秒(キャベツ様)

【Cevio実況】1時間26分で惑星を破壊するRTA(ひょっとこハム太郎様)

Super Mario Bros. Any% Speedrun in 4:54.881 *WR*(Niftski様、speedrun.com

2.バグの利用

開発者の想定していないバグを利用してでも、RTA走者は最速を求めます。その結果、シナリオの順序は崩壊しますが、ゲーム画面に支障はきたしません。

ドラクエ8最短クリア(=バグ有RTA) 7時間29分(けいる様)

【RTA】ファイナルソードDE Ver.1.0 new Any% 41分04秒(John Doe様 無編集版[Youtube]

なお、バグありが進化すると、もはや関係者以外意味が分からない種目へ様変わりします。無事ではないですが、エンディングには辿り着いているのでRTAではあるのです。

FF6 ドアタイマー持ち込み NG+RTA 20:49.21(エディ様)

『ファイナルファンタジー2 なんでもありRTA』気楽なRTAがしたい茜ちゃん #7(ピロ彦様)

(実況動画)FC版 ドラゴンクエスト3 なんでもありRTA ホットプレート温度調整、電撃ボタンありゾーマ討伐チャート 11:29(ひっしー様)

RTA小説の強みと弱み

RTA小説はAny%_Glitchlessを想定して作られています。基本的な動きが洗練されたうえで、ミスを挽回することを含めてストーリーが作り出されていきます。TASと比べると人間味のある、個性を出しやすい点も向いていたのでしょう。

この分野の強みは「新規性の作りやすさ」や「勘違い要素の作りやすさ」にあると考えます。RTA小説として、原作準拠でありながら短縮するために行動をします。その行動の目新しさが作品・作者の独自性を生み出すのです。

また、最速を目指す行為は対象未来を知っているからできるものです。対して、作中の人物は操作キャラクターを含めて理由を知りません。故に、操作キャラクターは速度のために人間性を捨てる人物になりやすく、勘違いの種を生むこともできます。実況者の操作を受け付けない描写を挟むことで、キャラクターの困惑や覚悟の強さを表すこともあります。

一方、「実況パートの難しさ」が問題です。実況パートは、ゲーム版を想定した設定の管理、分岐やミス地点の作り出しといった小説作り以外の技能も求められます。その結果、次の実況が思いつかずに筆を折るケースやRTA小説でなくなるものが多々見られました。

長所・短所から一次創作と二次創作では、テンプレートのある二次創作向けのジャンルといえるでしょう。

具体的なRTA小説

この項目では、RTAに関わる小説の紹介記事をまとめております。各紹介記事は完成し次第掲載予定です。

高坂穂乃果の廃校回避RTA【完結】

鍵のすけ様による、ハーメルン内で二次創作のRTAを扱った最古の小説。何度も繰り返した結果、クリアに必要な最低限のフラグを覚えた主人公_高坂穂乃果が最速で廃校回避を成し遂げる物語です。

http://suzustory.com/2022/01/08/nizi-34/

【WR】がっこうぐらしRTA_全員生存ルート【完結】

アサルトゲーマー様による作品。原作をモデルとした架空のゲームを舞台に、脱出のRTAを行った作品。瞑目の少女が周りと協力することで、原作で為しえなかった全員生存を目指す作品です。拡張性の広さが好評を博し、これを先駆者とした多数のきらら系原作RTAが追走されています。

SAOメインメニュー縛りRTA

アルシャ様による作品。とある事情によりメインメニューの使用を封じられた主人公が、タイムを縮めるために死に物狂いとなる作品です。問題点をどのように解決するか、ミスをどう挽回していくかが見ものとなっています。神様転生が賛否両論の元凶となっており、要素の相性を考えさせられました。

がっこうぐらし!ver2.0_RTA 『一人ぼっちの留年』ルート≪参考記録≫

ゆキチ様の作品。一部のコアな嗜好を楽しむ作品のはずが、ミスにミスを重ねた結果凄まじい展開を迎えていく作品です。実況者とキャラクターの見る世界の違いが、ストーリーの面白さに拍車をかけています。現在も更新を続けています。

【完結】まちカドまぞく/陽夏木ミカン攻略RTA

兼六園様の、キャラクターの一人陽夏木ミカンと付き合うことを目的としたRTA小説です。原作準拠、バグなしの中でもキャラクターの味がしっかりと出された作品でした。作者が追加した好感度・愛情度のシステムはこの後、さまざまな小説に用いられることとなります。

エリス様とめぐみんのパンツを手に入れるRTA

サンキューカッス様作の、タイトルが出落ちの作品。犯罪者にならないようにパンツを盗む姿は、RTA小説が掌編かつどんなレギュレーションでも作ることのできる自由度の高さを見せつけていました。果たして操作キャラクターはどんな気持ちで動いていたのでしょうか。

マギアレコードRTA ワルプルギス撃破ルート南凪チャート

みみずくやしき様作の、メロン大好き少女がひた走る小説。小説としての完成度の高さに加えて、実況者特有の不思議な動きを体現してしまった少女の不可思議さが味を出しています。少女の活動がどういった波紋を生み出していったのか、想いの強さを魅せられる作品でした。

鋭意更新中……

コメント

タイトルとURLをコピーしました