黒ウィズストーリーの特徴まとめました。

『本格ストーリーの(ソーシャル)ゲーム』という広告を時折見かける。これは大半のソーシャルゲームのシナリオが薄いことを示している。小説と違ってシナリオを作っても金にならず、ゲーム性や収集欲を煽る要素の方が重要視されているのが現状である。今回は魔法使いと黒猫のウィズ(通称:黒猫、黒ウィズ)のストーリーを取り扱う。このゲームは3月に5周年を達成した長寿作品であり、イベントが月2で更新されるため、既に多くの短編が放たれている。

【遊戯王 二次創作】人形が人の輝きを得た1つの出会い

遊戯王ARCーVの初期を元にした二次創作小説、うた野作「沢渡さんの取り巻き+1」の紹介記事である。オリジナル主人公の久守詠歌が、原作人物の沢渡シンゴとの出会いを通して人の輝きを取り戻していく。この作品の一番の特徴は転生ではなく憑依を用いた点だ。元人形が繰り広げる思いのぶつけ合いが魅力的だった。

「おもしろサイエンス 刃物の科学」材料学から見る刃物の歴史とは

日常生活ではハサミや包丁、工業製品では金ノコやドリル。私たちと刃物は切っても切り離せない関係にあります。しかし、刃物がどういう材料からできているか、答えられる人は多くありません。今回は朝倉健太郎著「おもしろサイエンス 刃物の科学」を使って、刃物の歴史を材料学の視点から見ていきます。

夏海孝司「なれる! SE」 DQN企業から、2週間の選択肢

3月ともなると就職説明が始まり、また新社会人の就職が間近に控えている。だからこそ、この会社がブラックであるか心配になるかもしれない。 そんな人におすすめの作品が、夏海公司作「なれる! SE」だ。この作品はブラック(室見六華によると『DQN会社』)に就職した主人公、桜坂工兵の最初の2週間を描いた物語である。

朝井リョウ「何者」 SNSの私が変えてくれるのか?

現在就職活動中の学生は読まないことをおすすめします。この記事は朝井リョウ作「何者」の感想記事です。一人称ならではの1つのトリックで身を隠す拓人。しかし就職活動で出会った仲間によって、隠していた麻薬と向き合うことになります。麻薬中毒者が麻薬を絶てるのか、という成長を描いた物語です。

『残酷な描写』かを判断する6個の基準

今回は警告タグの一つである「残酷描写・暴力描写」について、できる限り客観的な判断基準を考えていきます。これらは各サイトで判断基準が出されていますが、特に残酷描写は主体的かつ曖昧な観点です。なので、各サイトの定義+5個の計6個の判断基準をもって結論を導いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告