大衆小説

米澤穂信「氷菓」 失われたタイトルの意味

今回は米澤穂信作「氷菓」の紹介記事になります。<古典部>シリーズの第一作であり、2012年秋にアニメ化されました。自称省エネ主義の折木奉太郎が、古典部で事件を解決していく流れになっています。次巻以降と比べると、主軸の事件以外にも紹介のための...
おすすめ本

「人類は衰退しました」感想、教育機関が滅んだ世界で

今回は田中ロミオ作「人類は衰退しました」の感想になります。 この作品は2012年夏にアニメ化しており、3投身の妖精さん(Wikipedia曰く、声優16名という異例の人数)や毒舌な主人公などが印象に残る作品となっていました。 いわゆ...
その他

「マンガでわかる「続ける」習慣」 習慣づけまでのプロセス

 やろうと心がけていても三日坊主になって止めてしまう行為の数々。「マンガでわかる「続ける」習慣」では、続けられない原因と対策法について書かれています。特に注目する点は、題名の通り漫画であるため、活字の羅列に気を配る必要がなく、習慣的に読みやすい点だと思います。
おすすめ本

「少女は卒業しない」(後編)最後の放課後、関係の変化

朝井リョウ作「少女は卒業しない」のレビュー後半となっています。 最後の卒業式が過ぎた後の時間。各々の道を進むために異なる道を歩みだす。そんな4組の少年少女を描いた部分になります。 後編では部活動仲間との別れを描く第四章から、夜が...
おすすめ本

「少女は卒業しない」(前編)最期の朝に何を思う

3月25日、時期外れの卒業式が執り行われる。高校が潰れる最後の日に着目した小説、 朝井リョウの「少女は卒業しない」の紹介記事になります。 この本は、小説すばるの2010年4月号から2011年9月号までの7つの短編小説をまとめた作品と...
小説

「数学ガール」新しい、数学への第一歩

数学の時間、使われない定理に戸惑う人がいる中、数学自体を楽しんでいる人もいます。結城浩さんの「数学ガール」の主人公たちも数学に青春を捧げています。この記事では「数学ガール」の紹介と感想をまとめた記事となっています。
お知らせ

はじめに

初めまして、当ブログの執筆者のsuzuといいます。この記事では私のプロフィールとブログの方向性の簡単な紹介のための記事になります。 プロフィール 名前:suzu(Sn) 名前の由来:名前の一文字「涼」の訓読み+錫原子 所属:中堅国立...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました