2022-12

ライトノベル

「変人のサラダボウル」感想_異世界より来た少女たちがくれた小さな変化

「変人のサラダボウル」の感想・紹介記事です。異世界から岐阜にやってきたサラ・ダ・オディンと貧乏探偵鏑矢惣介が、飛騨牛生活を求めて日常の問題を解決していくコメディとなっています。行動のそれぞれが数珠つなぎに連動していく、オムニバス形式のエッセンスが加わっています。
ライトノベル

「千歳くんはラムネ瓶のなか」感想 千歳朔の魅力と2人の対比

「千歳くんはラムネ瓶のなか」の紹介・感想記事です。トップカーストのリア充千歳朔が自らの威信のため、不登校児をリア充化させる第一歩を踏ませます。清々しい程にバカ正直に課題を解決していった主人公が特色で、本記事では千歳朔と山崎健太に着目してみていきました。
ライトノベル

【業界屈指の多機能】読む段階におけるBOOK☆WALKERの使い勝手まとめ

電子書籍を読むとき、貴方はどれくらいの機能を使うでしょうか。拡大縮小、付箋、マーカーなど基本的機能でも、各電子書籍サービスで大きな相違があるのです。 後述するように本を読む段階での機能を重視する人にとって、KADOKAWA系列のBOOK☆WALKERが第一候補になると考えます。本記事では全体的な使い勝手を軽く紹介した上で、読む時点での機能の一つ一つに焦点を当てていきます。
ライトノベル

【お得な紹介】BOOK☆WALKER12周年キャンペーンまとめ

KADOKAWA関連の電子書籍サイトBOOK☆WALKERが、2022年12月3日に12周年を迎えました。本記事は1月4日まで続く約1ヶ月のキャンペーン全体において、解説から注意事項までを簡単にまとめています。
ライトノベル

ライトノベル「クロス・コネクト」感想 入れ替わりから始まるムリゲー攻略

久追遥希、konomiによる「クロス・コネクト あるいは垂水夕凪の入れ替わり完全ゲーム攻略」の感想・紹介記事です。入れ替わりやルールの裏を駆使することによって、絶望的なバランスのゲームを攻略していきます。入れ替わりや性転換に抵抗がないのであればオススメできる作品でした。
ライトノベル

「負けヒロインが多すぎる」と行く、地元民による豊橋解説

雨森たきび作「負けヒロインが多すぎる」は愛知県豊橋を舞台としています。豊橋は名古屋と風土が違う独自性の高い特徴が詰まっているのです。 そこで本記事では東三河在住の筆者によって「負けヒロインが多すぎる」1巻に登場したあれこれについて、振り返っていくことを目的としています。
ライトノベル

「負けヒロインが多すぎる」感想~終わらされた恋と第二ステージ

雨森たきび作、イラストいみぎむるによる「負けヒロインが多すぎる」(通称マケイン)の感想・紹介記事です。恋の争いに負けたこととなったヒロインが恋愛感情なしで主人公に接近し、ぼっち至上主義の考え方を改めていきます。カップルの恋愛描写を省くのに対し、マケインの失恋は発散しても燻るさまを記し切る描写の優先度が印象的に残りました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました