その他一覧

セシウムさん事件と汚染米問題の補足事項 

2011年岩手県産のお米は安全だったのか? この問題を解決すべく小難しい数式を並べて考えてみました。 そのときに代表値の取り方や高濃度汚染米ができた要因が不十分であったことを最後に書いています。また中立的な位置を保とうとはしていましたが、放射線を使用する利点について記していませんでした。これらのことから、補足記事を作製していきます。

当時の岩手県産米は危険だったのか?(後編)

セシウムさん騒動を振り返ったので、次いで本当に危険だったのかを考えていくことにします。 現在の福島県内陸部の空間線量は、2011年当時の岩手県に相当します(どちらも0.2μSv/h程度)。だから当時の岩手県産の安全性を知れば、2017年の”ふくしま”産についても判断できると考えました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告