佐野哲也「君は月夜に光り輝く」君からの最後のお願い

死の間際にいる人との出会いをきっかけにして、主人公が成長する物語は数多くあります。 佐野哲也の「君は月夜に光り輝く」もまた、この問いへの1つの回答を示した作品でした。月夜に照らされて体が光る幻想的な光景と、死に憧れた青年に残した最後の願いが印象に残った小説です。

新井紀子「ロボットは東大に入れるか」AIのできること、できないこと

新井紀子作「ロボットは東大に入れるか」は、2011年に開始したプロジェクトの、途中報告と概要について紹介しています。人の限界を超えているのだから東大ごとき楽勝、人の感情や設問を理解できないから厳しい。簡単に答えの出せない問題に挑む人たちから、人工知能を知らない一般人に向けたメッセージとなっています。

誉田哲也「世界でいちばん長い写真」広がる少年の世界

誉田哲也作「世界でいちばん長い写真」は中学3年生の少年が1つのものを追い求める成長物語です。何事にも無気力な人であっても”自分の好きなもの”が見つかったとたん、貫き通すことを選びました。まっすぐな姿に徐々に共感を覚えるようになり、好きを押し通す勇気をもらえる作品でした。

新谷亜貴子「ゆずりは」人はなぜ死ぬのか

本記事は新谷亜貴子作「ゆずりは」の紹介記事になっています。残された人ができる最後のことである葬儀を全うするために働いている人たちの物語です。死に近い職場の人間が導いた死の意味、血は繋がっていない義理の親子の愛情について描かれていました。

【デート・ア・ライブ 二次創作】残基∞に科せられた呪い

今回は消えない少女に焦点を当てた作品、ふぁもにか作「死に芸精霊のデート・ア・ライブ」の紹介記事です。死なないことを願った少女が、世界に殺され続ける代わりに復活するようになりました。少女の力を封印しようと立ち上がった青年と、精神が削られ切った少女のデートが描かれます。

柚月裕子「盤上の向日葵」将棋に生きた天才の最期

将棋とともに生きた棋士の失敗と答えを記した、柚月裕子「盤上の向日葵」の紹介記事です。上条桂介の追憶と警官の捜索がリンクすることで、読者に疑問への解答が示されていく流れになっています。人と人との1対1の関係性、「「できない」という無常観」がしきりに描かれた作品でした。

二次小説の原作忠実度―二次創作と一次創作の境目―

二次小説に限らず、二次創作においてどれだけ原作に忠実でなければならないという基準はない。しかし、中には一次創作と二次創作を分けたいという人もいる。本記事では「段階が進むごとに原作の要素が薄れていき、一次創作ならではのオリジナル性が出てくる」ことを示すのが目的である。

森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」不思議の中で君を追う

 知らないことからくる『不思議』という感情は色々な所にあります。それは一時の感情で、いつの間にか忘れていることも多いのですが。  この記事では森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」の紹介記事になります。先輩が超常現象に好かれた後輩を追う一年を描いた恋愛作品です。偶然のご都合主義で対面する2人と、一歩を踏み出せない彼の思いが印象的な作品でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告