その他一覧

次の世代へ受け継ぐ、1つの回答例

型を作り、人を一時的にはめ込むことによって、効率の良い習得と自由への飛躍ができる。型を作ることによって成し得た組織の成長について取り上げます。『型にはめる』教育へ非難が集中して自由や個人が尊重されている現代だからこそ、型の役割と誤解を招きそうな点について紹介していきました。

6年目からの黒猫のウィズのはじめかた

「今まで気になってはいたけど訴訟を受けたcoloplだから」、「白猫のようにインフレが凄まじそうだから」と敬遠していた人に向けた記事です。長年続いていたゲームにどうやって追いついていくか、初歩的なことから書いています。

黒ウィズストーリーの特徴まとめました。

『本格ストーリーの(ソーシャル)ゲーム』という広告を時折見かける。これは大半のソーシャルゲームのシナリオが薄いことを示している。小説と違ってシナリオを作っても金にならず、ゲーム性や収集欲を煽る要素の方が重要視されているのが現状である。今回は魔法使いと黒猫のウィズ(通称:黒猫、黒ウィズ)のストーリーを取り扱う。このゲームは3月に5周年を達成した長寿作品であり、イベントが月2で更新されるため、既に多くの短編が放たれている。

借り過ぎないために、奨学金の金額を検討する6観点

今回は奨学金を借りるにあたって、どれくらいの金額が必要なのかを考察していく記事になります。奨学金の多くは借金の一種で、将来的に返済する義務が生じます。しかし大学生時点では将来収入など分からず、奨学金破産を申請する人が増加しています。 リスクを減らすために奨学金はできる限り少ない方がいい。ということで、必要な金額を見つける6つの観点を見ていきます。

セシウムさん事件と汚染米問題の補足事項 

2011年岩手県産のお米は安全だったのか? この問題を解決すべく小難しい数式を並べて考えてみました。 そのときに代表値の取り方や高濃度汚染米ができた要因が不十分であったことを最後に書いています。また中立的な位置を保とうとはしていましたが、放射線を使用する利点について記していませんでした。これらのことから、補足記事を作製していきます。

当時の岩手県産米は危険だったのか?(後編)

セシウムさん騒動を振り返ったので、次いで本当に危険だったのかを考えていくことにします。 現在の福島県内陸部の空間線量は、2011年当時の岩手県に相当します(どちらも0.2μSv/h程度)。だから当時の岩手県産の安全性を知れば、2017年の”ふくしま”産についても判断できると考えました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告