警告タグとは? 創作物で不快にならないために

この記事は約8分で読めます。

投稿サイトで披露される創作物の特徴としてタグ付けが挙げられます。特徴を均一化することで情報を絞り、素早く探していた小説を見つける効果があります。

  • VR、三国志、ハクスラといった社会性の共有
  • キャラクター名による主要人物の人間関係の把握
  • 他小説とシリーズ化していることを示す
  • 別作品の原作名を書くことでクロスオーバー要素を示す

『警告タグ』や『必須タグ』は別の役割を持っています。

これらは地雷を踏んで傷つかないように、避けやすくするために設けられています。そのため通常のタグと違って必ずつけなければなりません

なぜ警告タグが必要なのか、どのようなものがあるのかに注目していただければ幸いです。

警告タグの必要性

なぜ警告タグは赤太文字で表示させるのでしょうか。

警告タグも和洋の好き嫌いを判断するかのように使われています。

ただ通常のタグと比べて、強く読者を選ぶことが重要です。

警告タグは次の3つに分けることができます。

  • 子供に見せたくないグロテスク、残虐非道な情景。
  • 純愛展開などにおける性描写の暗示
  • 既存の創作物を裏切る、もしくは特定の創作人物を誹謗する行為

残酷な描写によって犯罪が助長される理論へ懐疑的な姿勢をとっています。

しかし悪影響を与えないという保証はありません。また解釈違いによる論争の火種となりかねません。

これらを事前に弾くことを目的に、見やすく警戒する赤太文字で記されました。

警告タグの種類

この項目では警告タグの具体的な種類と解説を行います。

判断基準:小説投稿サイトの内1つ以上が警告タグだと記載したもの

R-15、R-18

Rー15、R-18はゲーム業界(CERO)や映画業界(R18+)などでも使用される、最も普遍的な警告タグです。

性表現、暴力表現、非社会表現をまとめたもので、基準も業界や媒体によって変わってきます。

R-15

15歳以上推奨を示すタグであり、自主規制が必要な描写があることを示しています。

  1. 性描写(暗示、異常性癖も含む)
  2. 暴力やいじめ
  3. 麻薬・未成年飲酒など、依存性物質の服用
  4. 出血など恐怖感を煽る
  5. ギャンブル

1は「同性愛」や「性描写」に、2と4は「残酷描写、暴力描写」に繋がってきます。

3は青少年の依存症が問題になっており、二次災害を撲滅するための規制です。覚せい剤やシンナーといった種類を書かなくとも、吸引していれば適用されます。

金の動くギャンブルもR-15です。なので競馬、競輪、麻雀、チンチロリンなどの競技描写だけでは含まれず、金の交換があって初めて規制されます。

当然国営ギャンブルでも対象で、宝くじ売り場を書いたら規制されたもあり得ます。

R-18

R-18はR-15をさらに過激にしたもので、タグを入れるだけで解決しません。

小説投稿サイトへの投稿の禁止(カクヨム)や別サイトへの分離(小説家になろう)R-18専用検索の隔離(ハーメルン、pixiv)といった処置がとられます。

大まかに分けるとR-18は性描写と反社会描写に分けられます。

  • 著しく性的感情を刺激する性行為
  • 反社会的勢力を称賛する行為
  • 詳しい異常性愛の描写
  • 過剰な残虐描写

ボーイズラブ、ガールズラブ

ボーイズラブ(BL)、ガールズラブ(GL、百合など)は同性愛描写です。同性がいちゃついたり恋愛したりしている作品に対して付けられています。

LGBTのように実在すること、異性愛と区別する必要が薄いことから、小説家になろうでは通常のタグとして扱われています。

問題は二次創作界隈で大きくなりました。特定個人への愛情は原作の流れを変えることが往々にしてあります。愛情による原作崩壊を恐れる勢力がいたため警告タグへ収監されました。

注意点1:同性愛の性描写があれば、BL・GLだけでなくR-15も必須である
注意点2:性転換の警告タグが絡むと非常に複雑となる

オリ主

二次創作物特有の警告タグが『オリ主』です。オリジナル主人公のとおり作者が手掛けたキャラクターを原作内に入れたさいに付けられます。

注意点として二次創作によって新たな人格が動いている場合も必要です。物言わぬ主人公であるドラゴンクエストやポケットモンスターを原作とする方は注意してください。

オリ主を創る利点です。

  • 話の幅が広がる
  • 原作を踏襲しても”ずれ”が生じる
  • 自分で作っているため動かしやすい

オリ主を導入する欠点です。

  • 原作のバランスが崩壊する
  • 原作キャラ同士の掛け合いの減少
  • 原作主人公の存在感の縮小
  • オリ主がヒロイン候補と結ばれかねない

要するに「物語を作りやすくなるが、原作本来の良さが薄れるかねない」となります。

詳しくは下の「オリ主」を重点的に取り扱った記事を参照してください。

オリジナル主人公(オリ主)を使う利点・欠点8選
二次創作を作っているとき、独自のキャラクターを加えたくなることがある。 人物の心境、行動意欲が分からないから。 原作でできなかったことを可能にしたいから。 報われなかったキャラクターを救いたいから。 理由は人それぞれだが、そ...

転生、神様転生、憑依

転生、神様転生、憑依の3つは少々意味は異なれど、いずれもオリジナルのキャラクターを原作世界に投影する方法になります。

転生・神様転生

転生はキャラクターを別の世界に生まれ変わらせることを指しています。死んだ描写からの再生、前世の記憶を引き継ぐ、別世界への幽体離脱、時間軸の逆行など理由は大量でも行き着く先は同じです。

神様転生は転生のうち神様によって転生する展開がある作品に付けられます。神様のミスによって転生させるといったものが多い印象で神様を介した勇者召喚などもありました。

どうしても原作の方向性と違うことになるため、警告タグとなっています。ただし異なる世界観の人物は、思想の違いから物語の幅を広げることができるのは大きな強みになり得ます。現実の世界観と異なったファンタジー、王国への恭順者と復讐者といった形です。

詳しくはリンク先の記事でまとめました。

憑依

憑依は次の3つに大別されており、どれも依り代に置き換わる現象を指しています。体に元々宿っていた人格が残っている点が転生と異なります。そのため非現実的な多重人格とも考えられます。

  1. 悪霊などが憑りつくこと
  2. 別のキャラクターに意識を乗り移らせること
  3. 原作人物の立場に成り代わる

他の人格への態度や周囲への接し方を矛盾がないようにしなければならない分、転生よりも複雑な作品になる傾向があります。

残酷描写、暴力描写

残酷描写や暴力描写は作者が思い描いた情景を詳細に描写した、かつ特定人物の傷や痛みを描いたものに付けられます。血飛沫や青痣だけでなく、陰湿ないじめ描写や過剰なホラー演出も含まれています。

リアリティを追求したファンタジーやドラマ、殺害描写が入れられたミステリー、スプラッター作品のRー15は、大体この描写があることを示しています。

残酷描写の基準については下の記事に掲載してあります。

『残酷な描写』かを判断する6個の基準
今回は警告タグの一つである「残酷(な)描写」について、できる限り客観的である判断基準を示していきます。 様々な小説投稿サイトでそれぞれの判断基準が出されていますが、主体的かつ曖昧な点が問題となっています。本記事では小説サイトの定義に5つの視点を追加した6個の観点から考えていきます。

性転換

性転換は性別が変化する現象を描いた作品に付けられます周囲が変化を認識しない先天性性転換(転生、改変etc.)と変化を認識する後天性性転換(入れ替わり、VR、黒魔術etc.)に分かれています。

体の性別の変化に意識が引きずられることもあり、そうでなくても外見は変化します。原作人物や人間関係が変化してしまうこと、既存のイメージが崩壊することから警告タグに指定されています。

性転換について、想像力が生んだ方法を集めてみた
今回は警告タグの一つである「性転換」について、概要と方法を描いていきます。性転換という言葉を聞いて何を想像するでしょうか。恋愛関係をぶち壊す要素であり、新たな関係を築き上げる可能性もあります。非現実な場面に直面した人を観戦することもできれば、自分に投影して妄想を焚き上げる人もいるでしょう。

クロスオーバー

登場人物を登場させる、別世界の魔法や技の使用、主人公の異世界転移など、別世界の要素が登場する作品に付けられます。定義上同じ世界で派生した物語には必要ありません。

演出の幅は広がる一方で元の作品のバランスを壊すことが多く、警告タグに指定されました。

アンチ、ヘイト

原作もしくは原作人物を過度に貶める表現を指します。原作を尊重するという二次創作の前提をひっくり返しかねないが故の警告タグです。

このタグをつける目的としては2つあります。

1つ目は不安からくる警告です。創作活動をするにあたって解釈が異なることは避けられません。解釈の違いが性格や印象を変えかねないと、追求を避けるために置かれていました。

2つ目は展開上、原作をかませ犬にしなければならない場合です。二次創作として問題なのですが時折見られます。

地球防衛軍を過剰に強くした結果、ウルトラマンが要らなくなった。クリリン(転生体)がフリーザを倒す。日本海軍と陸軍が手を組み、マニラにいたダグラス・マッカーサーの殉職。どこかを過剰に強化・転生させて調整を怠った結果、警告タグを付けなければならなくなっていました。

主要サイト別警告タグ

表記のずれはありますが、主要サイトの警告タグ、禁止措置は次のようになります。なお、検索結果で出ても、比率が非常に低い(投稿作品数の約0.1%以下)の通常タグは含んでいません。

○:通常タグ
:警告タグ
×:利用規約に反する

 

表1 主要サイトの警告タグ

R-15R-18同性愛転生残酷、暴力性転換クロスアンチヘイトオリ主
小説家になろう
カクヨム×
ハーメルン○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ 
pixiv
Arcadia
○ ○ 
novelist.jp○ 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました