『残酷な描写』かを判断する6個の基準

今回は警告タグの一つである「残酷(な)描写」について、できる限り客観的である判断基準を考えていきます。これは様々な所で判断基準が出されていますが、主体的かつ曖昧な所が難点でした。なので、小説サイトの定義に、5つの様々な視点を追加して、合計6個の観点から考えていきます。

なお、警告タグ全般については下の親記事にまとめてあります。

一次創作、二次創作にかかわらず、創作物にはタグが付けられています。これは必要な情報を提供するため付けられたもので、”攻略””解決法””紹介”...

各サイトの判断

カクヨム

カクヨムのガイドラインの閲覧注意の内、残酷描写や暴力描写に関係するのは下の4点です。自殺・犯罪・差別と具体的なものについても触れていました。しかし表現の程度について全く教えてくれません。

  • 暴力的又は陰惨な画像・表現・描写などにより興味本位に暴力行為又は残虐性を喚起・助長するもの
  • 自殺を誘発・助長・ほう助するもの
  • 犯罪行為及び刑罰法令に抵触する行為又は誘引・助長・ほう助するもの
  • 他者に対する差別表現、権利を侵害する行為

https://kakuyomu.jp/legal/guideline#post

ハーメルン

二次創作小説が多いハーメルンの基準は非常に簡潔でした。分かりやすい点は利点ですが、これだけで判断できるかは怪しい所です。

残酷な描写が含まれる場合。(例:血飛沫など)


https://syosetu.org/?mode=readme_view&fid=17

2つの辞書の定義から

言葉の意味を調べるとき辞書が真っ先に出てきます。ということで、小学館の大辞泉、大修館書店の明鏡国語辞典[第二版]から『残酷』『描写』の意味を引用することにしました。

  • ざん-こく:【残酷/惨酷/残刻】《名・形動》無慈悲でむごたらしいこと。まともに見ていられないようなひどいやり方のさま。(大辞泉)
  • びょう-しゃ:【描写】《名》(スル)物の形や状態、心に感じたことなどを、言葉・絵画・音楽などによって写しあらわすこと。(大辞泉)
  • ざん-こく:【残酷】《名・形動》行いなどが厳しく冷たいこと。「惨酷」「残刻」とも。(明鏡国語辞典)
  • びょう-しゃ:【描写】《名・他サ変》具体的イメージを伴うようなしかたで、対象を描き出すこと。描き写すこと。特に、芸術作品として、知覚・認識した形態・情景・感情などを言語・絵画・音楽などによって具体的に表現すること。(明鏡国語辞典)

残酷描写について、大辞泉では『まともに見ていられないようなひどい行動を表したもの』、明鏡国語辞典では『厳しく冷たい具体的イメージを伴った行動を表したもの』と解釈されます。確かに暴力やいじめは、酷く厳しいものです。また、各サイトの判断とも大方一致していました。

血とはそこまで関係ない

ハーメルンの基準の一つとして「血飛沫」がありました。では血が出ていれば何でも残酷描写なのでしょうか。

答えは×でしょう。モンスターハンターシリーズでは、武器によって出血させる行動故に残酷描写ありと判断されています。だからといって、包丁で指を切ったところで残酷描写になるでしょうか。なるのだったら、大多数の作品にこのタグが付けられます。

量の問題だと考えても、推理小説の流血や大規模爆撃の裏の血だまりで残酷描写となるのかというと賛否両論です。流れてはいるのですが、映されなければ無いのと大して変わりません。

以上のことからこの項目の結論は、「行動によって多量の血が流れているところを描写したものは残酷描写の一種である」としておきます。

刑法との親和性の高さ

残酷な描写に当てはまる行動の多くは法律でも規定されています。例えば暴力、傷害、犯罪ほう助、権利侵害、自殺ほう助は次の法律とリンクしています。

  • 暴力→刑法208条(暴行)
  • 傷害→刑法204条(傷害)、205条(傷害致死)
  • 犯罪ほう助→刑法61条、62条(教唆、幇助)
  • 権利侵害 →刑法230条(名誉毀損)、民法709条、723条など
  • 自殺ほう助→刑法202条(自殺関与及び同意殺人)

友達との意思疎通のための暴力(髪を触る、ツッコミetc.)と、我を通すための暴力(喧嘩、リンチetc.)の2種類があります。残酷な描写を語るときは後者が中心ですが、これらは簡単に区別できません。しかし法律による区分では、この問題を『示談』で解決することができます。

示談は第三者を関することなく当事者同士で決めることを指しています。意思疎通のための暴力では、取引なく示談が成立しています。一方、喧嘩などでは示談金や口約束がなされています。つまり、無条件の示談が成り立たない行動が残酷な描写に分類されると考えられます。

しかし問題点が一点。日本の法律では自刃を咎めるものはありません。加害者兼被害者が既に人でなくなっていますので。

感情移入は描写の詳しさに依存する

では惨たらしい行動への長い描写があれば、それは残酷描写なのでしょうか。先ず、賛成意見として足の小指とミサイルの例を提示してみます。

ふと歩いているとき足の小指が何かに激突した。瞬間体に電流が走る。体の中から心拍が高鳴り、空気が妙に震えていく。私は赤く染まった足の先を思わず掴んだ。口から吐く息の音が止まることなく、その体制のままずっと固まっていた。
決まった手順でスイッチをリズムよく押していく。最後に隠されたスイッチを叩くと何かが飛んでいく轟音が響いた。
果たしてどっちの方が痛々しく見えるでしょうか。実際の危険度は明らかに後者(ミサイル)なのですが、上を選ぶ人も一定数います。これは、たんすの痛みを過剰に描写したのに対し、下は結果を省いたことが原因です。
一方でただ冗長な文章を並べられて、これが残酷描写というのも無理があります。

その景色を映したいか

残酷描写を生み出すとき、その光景を想像できるでしょうか。それを認識したうえで表現したいでしょうか。もし表現したいのならば、保険として『残酷な描写』のタグは必要でしょう。

問題は見せたくないときでしょう。このときどこまで景色を隠すかが焦点になってきます。最も単純な対策は「被害者を映さない」ことでしょう。他にも文章作品であれば「臨場感を出す目的の、短文の勢いで流す」「風景や会話の描写に逃げる」、映像作品であれば「視点をずらす」「血を見せず速やかに倒れてもらう」といった対策も考えられます。

もし表現したくても『残酷な描写』を避けたい場合は、童話の技法が参考になります。つまり、わざと「被害者に感情移入させない」ことによって傷つける確率を下げる手法です。これを使うには加害者側の事情を入れておく、被害者側に怨みを買わせるといったことが必要になってきます。

残酷描写の客観的な判断基準とは?

  • 残酷描写の具体例:犯罪、自殺、いじめ、血飛沫etc. 特定のトラウマを除いて、感情移入によって読者を傷つける描写が対象
  • 刑法の基準と相関がある
  • 主観かつ抽象的な基準は、厳しく酷い行動を映すこと
  • 前提として情景を読者が想像できるものに限る

今までの章の結論から、残酷な描写の客観的基準は『キャラクターの個人的なトラウマ以外で、作者が思い描いた情景を詳細に描写した、かつ特定人物の傷や痛みを描いたもの』としました。

このタグが付いているからといって、避けられることは殆どありません。しかし執筆するときや見るときに、一つの尺として利用して頂ければ、と思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告