天才少女の隣を歩くために俺ができることは【バンドリ 二次創作】

今回は超ギーノ人さんの「君の隣を歩くために」を紹介していきます。この作品はBanG Dream!のゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」の二次創作作品です。天才少女氷川日菜に追いつくために天才少年天野千尋が、バスケットボールの全国大会優勝を目標として進んでいく物語になります。

作品情報

小説データ

URL:https://syosetu.org/novel/121823/

作者:超ギーノ人
警告タグ:R-15、オリ主残酷な描写
話数(1章+番外2話):57話、351,097文字
UA: 126,256(2018/2/18時点)

2018年6月21日に作者が別アカウントへ移転していたことが判明。Twitterを見たかぎり、どうやら5月20日辺りに以前のアカウントを消したとのことです。本人確認を取る気がないため、再び読むのは厳しいかと思われます。

原作:BanG Dream!

株式会社ブシロードが運営するライブエンターテイメントの一つです。5人組(ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボード)のバンド演奏をテーマにした作品で、「Poppin’Party」「Roselia」では声優に演奏させています。

氷川日菜はメディアミックス展開の一つ「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」(通称:バンドリ)で登場した人物となります。彼女が所属する「Pastel*Palettes」は『芸能界に所属するアイドルバンド』という設定で、同じブシロードが運営している「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」(通称:スクフェス)と方向性が似ているのかもしれません。

研修生としてアイドルに憧れていた丸山彩、子役時代から芸能界に席を置き続けてきた白鷺千聖、モデル出身の武士道に憧れて来日した若宮イヴ、事務所に勤務しているサポートドラム(機器オタク)の大和麻弥、姉に憧れバンドのオーディションに受かってしまった氷川日菜の5人がメンバーです。芸能界という他のバンドと異なる環境に置かれていることを利用し、番組特番やリリースイベントといったストーリーが展開されていきます。

作品概要・紹介

天才少女との出会い

オリジナルの主人公、天野千尋は天才です。周囲と比べ大人びていて、その代わり夢や情熱に欠けている、そんな子供時代でした。

小学校のある時期に氷川日菜が転校してくるまでは。日菜は主人公よりもさらに天才で、そしてより誰も近づけませんでした。『秀才では天才に勝てない』その思いが周囲に散見していきます。そして理不尽なものにぶつかったときにとる手段……無視と暴力を彼らは行いました。

目の周りを殴られた日菜を見て千尋は激怒しますが、日菜は千尋の被害を考慮して腕を握ります。腕を離さない意図を理解した千尋は「日菜に友達になってほしい」と声を掛けました。

この時に千尋が初めて持った夢「氷川日菜に追いついて隣を歩く」が物語に大きく影響します。

Pastel*Palettes

私がこの作品に一つ文句をつけるならば、地の文の「千尋」と「千聖」が紛らわしいといった点でしょう。

それくらい主要人物として出てくるのが、氷川日菜の所属するPastel*Palettesのメンバーです。千尋にとって彼女たちは、己の不足している部分を補う人物として敬意を示しており、異性との友好を広げる一因になりました。逆に彼女たちにとって千尋は、理解不能な言語を発する日菜の翻訳役(恋人)として、千聖すら真意に接することのできる人物として描かれています。

余談ですが、千尋が怪我した遠因はPastel*Palettesが誘拐されたことです。勿論日菜の影響が大きいのですが、バスケよりも彼女たちを優先するという行動原理が13話、14話に描かれています。

「日菜ちゃん、こいつを頼むぞ。多分こいつはこいつなりで、平気そうに振舞っているが、内心は少し後悔していると思う。だから、もしこいつがそんな後悔を表に出した時は、悔やんでんなって言ってやってくれ」

間宮先輩はそれだけ言うと「じゃあな」と小さく手を振ってその場から離れる。そして少し歩いたくらいだっただろうか。間宮先輩は思い出したかのように「そうだ」と言ってもう一度こちらに向けて声を発した。

「そいつが起きたら、インターハイのことは心配すんなって言っといてくれ。お前がいなくても俺達は勝てるから、お前はさっさと治療に専念して帰ってこいってよ」


「第15話 新たなスタート」より引用

この行動に対し、流石に間宮正樹キャプテン(千尋にエースの座を譲った人物)は苦言を伝えようと病室を訪れました。しかし車椅子、声が出ないという千尋の惨状を見て、上のように伝えました。キャプテン達にとっても千尋が信頼足りうる人格だということを示したシーンになります。

バスケットボールへの思いと誓い

天野千尋の夢「氷川日菜に追いついて隣を歩く」を叶える手段はバスケットボールでした。バスケのポイントガードとして全国大会に優勝する、その目標に沿って彼は努力します。

しかし夢は簡単に叶いません。足の故障と日菜たちを助けるための行動の末、インターハイと国体に出ることすらできませんでした。だからこそ、高校2年最後の全国大会「ウィンターカップ」に全てをかけることに。

なお千尋は天才でありながらチームメイトと信頼しています。インターハイを戦い抜くメンバーをテレビで観戦し、傍から見た感想を容赦なく送り付けています。また仲間の一人一人の趣味まで覚えていて、その他という括りに捉えることもありません。

それだけ仲間の強みを信頼しており、だからこそ敗北した時の記事『エースの不出場が敗北の原因か』に嫌悪感を持ちました。

天才vs

原作での氷川紗夜の主題として「氷川日菜との確執」があります。双子の妹である日菜の方が優れているにも関わらず、氷川日菜に敬意を向けられていました。それを負担に感じ紗夜はギターに逃げたのですが、先述の通りバンドのオークションを受けて日菜もまたギターを演奏することになりました。この一件は紗夜が所属するRoseliaのストーリーで解決しており、この作品では取り上げられていません。

この作品の日菜と紗夜の争いは少なく、11話の好き嫌いの克服くらいだったりします。日菜は「味が薄い」という理由で豆腐を、紗夜は「日菜の苦手だった人参を代わりに食べていたが、自分の分を残してしまい怒られていた(日菜曰く)」という理由で人参を嫌っています。

一方でこの作品は天才と天才の争いがベースになります。後半で千尋のライバルとなる神谷誠吾です。誠吾は小学校時代に日菜を殴った元凶として全国トップクラスのプレイヤーとして千尋たちに立ちはだかります。当時は一流の実力を持ちながら肘打ちや怪我をさせる非道でした。しかし正々堂々と絶対王者のエースに君臨しています(ただし口の悪さは治っていない)。

彼に勝ってこそ千尋が真の実力を持っていることを示せる、この作品のラスボスです。その戦いは53話以降に描かれていますが、非常人の争いとネタバレを多大に含むため割愛します。

まとめ

氷川日菜の真面目な部分と、日菜の隣に立とうとする主人公の成長が書かれている物語です。ゾーンを行使するご都合主義こと多少はありますが、人間関係の変化についての伏線を詳しく張っており、地の文の不整合や誤字も少なくなっている点は評価できます。

二次創作小説ならではのキャラクターの一面に焦点を当てた部分、青少年向けならではの主人公の精神的成長の部分の両者が複合した作品だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告