2021-11

一次創作

【オリジナル小説 紹介】フォークボールが投げられない

本記事は恥谷きゆう様作「フォークボールが投げられない」の紹介記事となっています。 本作は理不尽なきっかけで生きがいを失った主人公が、新しい生きがいを受け入れる物語です。甘い後輩ごっこに投じても収まらないくらい強い思いと、姿によることな...
黒猫のウィズ

【黒猫のウィズ 感想】眠れる遺跡のアウトランダー2

ときおり脳みそを空っぽにして楽しみたいときがある。無心でかわいいものを愛でたいときがある。黒猫の魔法使いとウィズ(黒ウィズ)にも、そういったエピソードはいくつかある。 今回紹介する「眠れる遺跡のアウトランダー」シリーズもその1つである...
二次創作

【艦これ 二次創作紹介】あなたは人間ですか?

余命が1年だと宣告された。余生で何ができるだろうか。日々動かなくなる体でもがき、娘が生きやすい世の中を目指す。だが、世界は甘くなく…… 本記事はまのめ様作「提督の余命は後…」の紹介記事です。各月ごとに衰えていく身体、進んでいく...
黒猫のウィズ

【黒猫のウィズ 感想】神都ピカレスク 銀幕の裏切者

自分の名前とは何だろうか。与えられた名もなく、意思を果たすために名を変え生きてきた。名を捨て、立場を変え、絡み合った末に、彼らは気に入った名前を自分の名前と定義する。 本記事は『魔法使いと黒猫のウィズ』で開催されたイベント、『神都ピカ...
黒猫のウィズ

【黒猫のウィズ 感想】神都ピカレスク 黒猫の魔術師

本シリーズのケネスらは、大規模なテロを未然に防ぎ英雄となる。ただ、彼らは決して善人ではない。平然と盗みを行い、ときには周囲を利用し被害を顧みない。悪漢小説ピカレスクの名の通り、普段は小悪党なのである。 それでも彼らは信念に則って生きて...
黒猫のウィズ

【黒猫のウィズ 感想】神都ピカレスク

神都ピカレスクシリーズのテーマとして、仁義と欲望が考えられる。どういう信念があって、悪に堕ちてまで何を為したいのか。ピカレスクの名のように主人公たちは決して善人ではないが、方向性がはっきりしているためか不快感はわきにくかった。 本作は...
黒猫のウィズ

【黒猫のウィズ 感想】怪盗アヤツグ僵尸捕物帳

怪盗アヤツグ僵尸(キョンシー)捕物帳は「魔法使いと黒猫のウィズ」にて開催されたイベントである。異世界から来た気分屋が後天的に能力を得るというミニイベントであり、未完結の作品であってもクロスオーバーを行う点、今後も続編を出すことを開示した点など、何かと先駆的な試みであった。
黒猫のウィズ

【黒猫のウィズ 感想】SatanicChord

本作は、魔神ルルベルの伏線の一部を回収した点以外はコメディよりの作品である。「音を暴力にする」仕組みを違う異界に広げようとするラスボスに対しても、演奏で解決して円満になるというスタンスの変化は生じなかった。また、別異界からの使者であ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました