【デート・ア・ライブ 二次創作】残基∞に科せられた呪い

生きるためには衰えなければならず、いずれ消えることが決まっています。しかし、消えたくないという思いから不死を求める者も少なくありません。

今回は消えない少女に焦点を当てた作品、ふぁもにか作「死に芸精霊のデート・ア・ライブ」の紹介記事です。死なないことを願った少女が、世界に殺され続ける代わりに復活するようになりました。少女の力を封印しようと立ち上がった青年と、精神が削られ切った少女のデートが描かれます。

自らの犠牲を恐れることなく少女を助けようとする雄姿が印象に残りました。

作品情報

小説データ

URL:https://syosetu.org/novel/150031/
作者:ふぁもにか
警告タグ:R-15 残酷な描写
話数(2018/6/25):25話 113,876文字
UA(2018/6/25):39,914

あらすじ

文化祭が終わって日常に戻りつつある9月28日、五河士道は妹の琴里から新たな精霊:霜月志穂の情報を聞かされる。
志穂は世界各地で頻繁な目撃情報がありながら、災害規模の小ささから危険度の低く、精霊撃破の練習台として扱われていた。攻略を始める士道であったが、世界に殺され続ける志穂は一筋縄ではいかなかった。
死の呪いにとりつかれた志穂を救うべく、士道は世界から1日守り抜くことを誓う。

主要登場人物

霜月 志穂(きりつき しほ)
識別名:イモータル(=不死者)、人の生死を操る<垓瞳死神(アズラエル)>の力を持った元人間。SAN値は低いがハイテンション。顕現してから1年間の記憶がない。
五河 士道(いつつか しどう)
原作主人公。好感度の高い精霊とキスすることで力を封印できる高校2年生。本作では既に6名を攻略済み。
五河 琴里(いつつか ことり)
士道の義妹。元人間の精霊だが士道に封印されている。通信を通して士道をサポートする。
時崎 狂三(ときさき くるみ)
自分の時間を使って時を操作する<刻々帝(ザフキエル)>の能力を持った元人間。時間を貰う代わりに物や情報をあげていた経緯から志穂の事情を知っている。

原作:デート・ア・ライブ

精霊と呼ばれる謎の生命体によって大災害が起こるようになった世界。五河士道には、好感度の高い精霊とキスすることで封印することができる能力を持っていた。1人の少女を助けるために五河士道がデートする物語。
原作に登場する精霊にはいずれも生命の樹(ユダヤ教)の守護天使の名前を冠している。なお志穂のアズラエルはイスラム教における死を司る天使のこと。

ストーリーPickup

この先ネタバレ注意です。原作を知らない人に対しても分かるよう専門用語は注釈に記しておきます。

残基∞の少女

志穂は体が死ぬ度に違う所に転移する少女でした。決して死ぬことのない不死性を持っています。故に世界から毎日のように殺されていました。世界から身を守るための不死性があるから世界に殺される。志穂は度々殺される理由を知らないからこそ、士道に封印されることを嫌います。
志穂と他の精霊には決定的な違いがあります。空間震が数十 cmと観測できないほど小さい点、天使や霊装を使わない点です。なぜ自分が生きるためにこれらを使わなかったのか、使えなかったのかが後半のキーワードになってきます。

空間震 : 精霊が現れるときに周囲に与える振動のことです。範囲に巻き込まれると消滅する威力なので空間震用のシェルターが街に確保されています。なお精霊が意図的に起こすことも可能。
天使 : 天使の設定に基づく精霊固有の能力です。武装した一般人くらいなら簡単に潰せる火力を持っています。支援もできる人もおり、士道の異常な再生能力も天使が由来。
霊装 : 天使が武器だとすれば霊装は鎧の部類です。既存兵器では傷を負わないほど強力な防御力を持っています。

世界からの呪い

士道と志穂の最初のデートは失敗に終わります。志穂が掲げた制限時間2時間は志穂が顕現してから死ぬまでの平均時間でした。
鉄柱に潰され、植木鉢の直撃、流れ弾の被弾、暴走トラックに轢かれ……挙句の果てには「いしのなかにいる」。絶命するたびに痕跡が消えて、すぐに無傷の志穂が現れました。志穂にとっての日常は耐性のない人にとっての苦痛だと分かっていて、人を一定以上近づけないようにしていました。
遊んでいるような殺し方を繰り返す世界ですが、一定の規則を持っています。1つ目は現実的な死であること、2つ目は他人が怪我を負うことはあっても死ぬのは志穂だけであることです。この制約に士道たちは勝機を見出しました。

リベンジデート

車がないなら轢かれることはなく、一か所に留まらなければ予想外の事故に巻き込まれる可能性は低くなります。士道たちは死の危険性をできる限り排除し、緊急時には士道を盾にして防ぐ戦法を選びました。他人が死なないという制約ゆえの戦法ですが、それは士道が常に傷つくことを意味しています。
前半は世界も「街路樹の下敷き」「ボールの直撃」「階段からの落下」といつも通りの方法で殺しにきました。しかし琴里たちの援護もあり次々と防がれていきます。昼食を終え、デート後半戦になるにつれ世界は本気を出すように。動物園からゴリラやキリンなどを脱走させてぶつけようとします。エレベーターの落下、ビルの崩落、地盤落下など……多少の異常事態を気にしなくなりました。

作中でも触れられていますが、死の呪いの被害を受けるのは志穂だけです。しかし経済被害についてはこの限りではありませんでした。デートの舞台の1つである天草百貨店だけでも「エスカレーターの踏板落下」「シャンデリアの落下」「強盗の威嚇射撃」といったことが1日で起こされており、風評への被害は相当なものになったはずです。
志穂は自分の目算で15,000回死んでいます。死体は消えても事故の原因は残ることから、危険度が低いといえど被害額は並みの精霊を越えているでしょう。

余談ですが志穂の記憶3年間を1日12回死亡換算で計算すると約13000回となります。15000回を達成するには3年5か月もしくは1日あたり13.7回の死が必要になるようです。「いしのなかにいる」といった即死を換算すればあながち間違った値ではなさそうでした。

罪悪感があるからこそ

志穂の過去を知っている狂三は、士道に「キスをしてからが本番」伝えていました。無事にデートが終わった安堵感に包まれていた士道へ、志穂は狂ったように嘲笑います。思い出さないように霊装で守っていた記憶を呼び起こした弊害でした。
志穂は人類殲滅を目的にかかげ、目に映った人の生死を司る天使を起動します。死神は士道を向きますが、志穂に殺す気はなくこの場は別れることになりました。

「ふふん、冗談ッスよ。そんなに身構えることないじゃないッスか。先輩には今までお世話になったし、私の記憶を取り戻してまでくれたッスから、お礼に特別待遇で一番最後に殺してあげるッス。地球最後の人間になれるなんて」
「志穂……」
「いやはや、物事には優先順位というものがあるッスからね。まずは今まで私を殺しやがった全ての人間に、心がへし折れるほどの凄惨な死を経験させてあげるッス。それから私によくしてくれた人たち以外をサクッと殺して、あとはノリと流れに任せて人類滅ぼす感じにするッスよ」


『16話 本番』より引用。

志穂が本当に望んでいるものは何なのか、と志穂の豹変を見た士道は考えます。答えを知らず志穂のところへと向かいますが、狂三に遭遇しました。本作の狂三は協力的らしく、志穂の手掛かり(過去)を士道に体験させます。
『予知できないほど小さな空間震』『ある程度しか制御できない顕現場所』『死に対して麻痺した感情』『(志穂曰く)志穂以外の被害者0』『最初からある程度高い好感度』……16話以降は小さく張り巡らされた伏線を一気に回収する部分になっています。

まとめ:残基1つ

かつて志穂の死の呪いに抗おうと協力した人がいました。彼女と士道を重ね殺してもらうことを志穂は選びますが、士道は1万回以上の死に耐えて口づけをしました。
作者は「紙装甲の精霊を登場させたかっただけの小説」といっていた本作。必要な専門用語の少なさやあとがきの人物紹介から、原作を知らない人でも読みやすい作品でした。
志穂のギャグのような死に方、裏がある狂気と志穂のキャラクターが魅力的だったからこそ上手く完結できた作品だと思われます。不死者が主要人物でも誰も欠けることのない内容ですが、後半に重くなる展開だと知ったうえで読むことをすすめます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告