理工学

理工学

新井紀子「ロボットは東大に入れるか」AIのできること、できないこと

電王戦において将棋でプロに勝ち、計算処理能力はとっくの昔に人の限界を超えています。融合するのか、それとも破滅を招くのか。彼らが将来にどう変化するのか、今日さまざまな著名人が議論しています。 新井紀子作「ロボットは東大に入れ...
実用書

「おもしろサイエンス 刃物の科学」材料学から見る刃物の歴史とは

日常生活ではハサミや包丁、工業製品では金ノコやドリル。私たちと刃物は切っても切り離せない関係にあります。しかし、刃物がどういう材料からできているか、答えられる人は多くありません。 今回は朝倉健太郎著「おもしろサイエンス 刃物の科学」を...
実用書

「カラスの教科書」、ちょっと気になる特性7選。

黒く艶がある姿がゴミの近くにいる。カラスを見たことがない人はそういないでしょう。でも、カラスがどんな特性を持っているか知っているでしょうか。 松原始さんの「カラスの教科書」では、カラスの特性について面白く簡単に説明されています...
実用書

元素を分かりやすく理解するために

ニュースで報道される水素やリチウム、工業的によく使うアルミニウムや炭素以外にも、原子は数多く存在します。そんな原子をヒト型模型で表した作品が、寄藤文平作「元素生活」です。完全版の発売(2017年3月末)までに発見された元素118種類(人工元素28種類含む)を紹介しています。
小説

「数学ガール」新しい、数学への第一歩

数学の時間、使われない定理に戸惑う人がいる中、数学自体を楽しんでいる人もいます。結城浩さんの「数学ガール」の主人公たちも数学に青春を捧げています。この記事では「数学ガール」の紹介と感想をまとめた記事となっています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました