大衆小説

大衆小説

百田尚樹「海賊と呼ばれた男(上)」 国岡鐵造の3つの主義

百田尚樹作「海賊と呼ばれた男 上巻」の紹介および、主人公国岡鐡造の主張について簡単に書き記した記事になっています。異質な経営者であった出光佐三をモデルにした彼が、金銭を失った会社を、命がけで守った社員をどう動かすのか。
大衆小説

米澤穂信「氷菓」 失われたタイトルの意味

今回は米澤穂信作「氷菓」の紹介記事になります。<古典部>シリーズの第一作であり、2012年秋にアニメ化されました。自称省エネ主義の折木奉太郎が、古典部で事件を解決していく流れになっています。次巻以降と比べると、主軸の事件以外にも紹介のための...
おすすめ本

「少女は卒業しない」(後編)最後の放課後、関係の変化

朝井リョウ作「少女は卒業しない」のレビュー後半となっています。 最後の卒業式が過ぎた後の時間。各々の道を進むために異なる道を歩みだす。そんな4組の少年少女を描いた部分になります。 後編では部活動仲間との別れを描く第四章から、夜が...
おすすめ本

「少女は卒業しない」(前編)最期の朝に何を思う

3月25日、時期外れの卒業式が執り行われる。高校が潰れる最後の日に着目した小説、 朝井リョウの「少女は卒業しない」の紹介記事になります。 この本は、小説すばるの2010年4月号から2011年9月号までの7つの短編小説をまとめた作品と...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました