実用書一覧

次の世代へ受け継ぐ、1つの回答例

型を作り、人を一時的にはめ込むことによって、効率の良い習得と自由への飛躍ができる。型を作ることによって成し得た組織の成長について取り上げます。『型にはめる』教育へ非難が集中して自由や個人が尊重されている現代だからこそ、型の役割と誤解を招きそうな点について紹介していきました。

居場所を欲した少女が抱いた”真摯さ”とは

事業を続けているうちに間違いなく世代を交代する機会は訪れます。もしあなたがいなくなっても、事業は回っていくでしょうか? 今回は岩崎夏海「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」から、とある少女が自分なりに見つけた真摯さを取り上げていきます。

長谷川浩己「風景にさわる ランドスケープデザインの思考法」

建築技術が上がり、多種多様な素材が安価で買えるようになったことで、建造物の幅は広がりました。 その一方で失われた景色もあります。産業開発の負の側面として挙げられることも多い要素です。 今回取り上げる本は、長谷川浩己「風景にさわる ランドスケープデザインの思考法」です。風景がどうあるべきか研究している学問である「風景学」の視点を教えてくれます。

「おもしろサイエンス 刃物の科学」材料学から見る刃物の歴史とは

日常生活ではハサミや包丁、工業製品では金ノコやドリル。私たちと刃物は切っても切り離せない関係にあります。しかし、刃物がどういう材料からできているか、答えられる人は多くありません。今回は朝倉健太郎著「おもしろサイエンス 刃物の科学」を使って、刃物の歴史を材料学の視点から見ていきます。

「カラスの教科書」、ちょっと気になる特性7選。

黒く艶がある姿がゴミの近くにいる。カラスを見たことがない人はそういないでしょう。でも、カラスがどんな特性を持っているか知っているでしょうか。 松原始さんの「カラスの教科書」では、カラスの特性について面白く簡単に説明されています。今回はそのの一部を、7点ほどピックアップして紹介していきます。

元素を分かりやすく理解するために

ニュースで報道される水素やリチウム、工業的によく使うアルミニウムや炭素以外にも、原子は数多く存在します。そんな原子をヒト型模型で表した作品が、寄藤文平作「元素生活」です。完全版の発売(2017年3月末)までに発見された元素118種類(人工元素28種類含む)を紹介しています。

生物の神秘を利用する!5分で分かるバイオミメティクス

古来から自然に反し、人類は”電気”という形でエネルギーを利用してきました。電気は自然由来の火や運動エネルギーと比べ取り回しがよく、ある程度の保存が可能という特長があります。 一方で、未だに人類が自然に勝てない要素も多く存在します。 これらの神秘を活用する方法にはどんなものがあるのでしょうか?

「失敗百選」同じ失敗を繰り返さないために

似たような失敗を何度もしたくない、そんな人に読んでほしい作品が中尾正之作「失敗百選 41の原因から未来の失敗を予測する」です。これは「失敗学」の学問について、具体的な12の中分類と41の小分類に基づいた100個の失敗例を紹介した本になっています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告