【黒猫のウィズ 備忘録】黒ウィズグランドフィナーレ_Part 2

この記事は約10分で読めます。

「魔法使いと黒猫のウィズ」のメインストーリー完結記念で行われた「黒ウィズグランドフィナーレ」の備忘録です。数多くの掌編で、異界間の交流が描かれています。とあるイベントにて、この時をきっかけとするもの、伏線を回収するものがあったため、登場人物などをまとめています。

本項目ではステージ5~ステージ8(2021/08/12公開)を取り扱っています。

※スクリーンショットはいずれも株式会社コロプラに帰属するものであり、当記事はこれを侵害する意図で制作されたものではありません。

※イラストおよび写真はイメージです。

ステージ5

「おいしーお菓子いっぱいですー!」……ヴィクトリア・ネルド

思いもよらない初めまして

  • ヴィクトリア(眠れる遺跡のアウトランダー、冒険と探求のある異界)
  • エーファ(眠れる遺跡のアウトランダー、冒険と探求のある異界)
  • ピノ(妖精界)
  • バニーラ(妖精界)
  • フェルチ(天上岬~とこしえの姫君~、冒険と探求のある異界)
  • ファム(天上岬~とこしえの姫君~、冒険と探求のある異界)
  • メーベル(天上岬の調香師 しあわせのラストノート、冒険と探求のある異界)

香水を作る調香師姉妹(ファム&フェルチ)とチョコレート傭兵団(ヴィクトリア&エーファ)。メーベルが共通の知り合いなため、同じ異界・時代と分かっていた組み合わせである。今回が初遭遇、背景が同じだろうが異界交流と似たようなものであった。

バニーラのチョコレートは殆どの確率で激マズになる。しかし、ヴィクトリアとエーファは美味しく食べることができた。フェルチがお花摘みに逝っているため不味いと思われ、食べることができる理由は2人の特殊な背景(〇神コネクトなど)にあると想像できる。

慈悲の意識

  • ガトリン(魔轟三鉄傑)
  • ダムザ(魔轟三鉄傑)
  • ヤエ(新説 桃娘伝 妖爺合戦誓助剣、和の国)
  • フウカ(桃娘伝、和の国)
  • ミライ(桃娘伝、和の国)

真面目に考えたくないくらい不思議なナースであるガトリン、自意識が異常に高い金太郎(女性)ヤエ、会わせてはならない2人が組んでしまった。Aさんを助けたBさんが、Cさんを助けて……ネズミ講を力説する彼女たちの行く末とは。

※ガトリンのツッコミ役、リエンさんは別のテーブル(通称:苦労人組)にいます。

いろいろ黒ウィズ4

    • ミスティハイド(響命クロスディライブ)
    • レリッシュ(響命クロスディライブ)
    • ミカゼ(不明)
    • ユイ(和の国、スミレの姉)
    • スミレ(和の国、ユイの妹)
    • チカゲ(不明)
    • ネウ(和の国)
    • ガトリン(魔轟三鉄傑、5-2ぶり)

忍者マニアなミスティハイドが異界の忍者をポジティブに解説する。彼女をもってしてもガトリンは意味不明らしい。その後、このときの思い出と自分を鍛えたい思いから、ミスティハイドは和の国に旅立った。

【黒猫のウィズ 感想】八百夜町 必殺異聞録
本記事は魔法使いと黒猫のウィズのエピソードの1つである「八百夜町 必殺異聞録」の感想記事である。本作は様々な理由によって道を外した者たちを主に描いている。悪人ゆえの仁義を掘り下げている一方、小難しい設定はなく勧善懲悪を楽しみやすい作...

ミカゼ:忍法・天地混沌の術(風景変化+隠れ身)
ユイ:新影流奥義・醒(高速移動)
スミレ:焔斬の鎌鼬(バーナー)
チカゲ:旋回輪手裏剣切り(巨大な手裏剣をフラフープ)
ネウ:秘儀・ねこかぶり(ただの目立ちたがり)
ガトリン:ナース忍法・カイザースラッシュ(原理も効果も意味不明)

  • メーベル(天上岬、5-1ぶり)
  • メカガトリン(魔轟三鉄傑)
  • サーシャ(不明_黒猫の魔法使いのお気に入り精霊)

神との交信の実演……としているが、メカガトリンは物質(機械)だし、神だと押し付けるしで会話が全く成り立たなかった。

  • シャミア(不明)
  • ラシュリィ(SOUL BANKER)

妹を亡くし、復讐を誓った姉同士。シャミアは命を刈りすぎたがため、ラシュリィは復讐を迅速に遂行するため、感情が擦り切れていた。互いに敵討ちができるよう祈る2人であった。

その頃、ヴィレス(ラシュリィの妹を殺した人)は呪いの体験会(ステージ1-1)が気になっていた。

魔法少女と魔人少女

  • エニグマモーニンググローリー(からふる!エニグマフラワーズ)
  • エレイン(聖サタニック女学院2)

プリ〇ュアのようなニチアサ世界観の人が、仮面を被った怪人エレインを某ライダーと勘違いした一節。共通点は家族関係に問題を抱えていること。

「父が女学生相手(ウリシラ、娘のクラスメイト)にパパ活していた」ため別居した、「前の父は、昼からお酒を飲んですぐ母を殴る」ため離縁した、末にそこはかとない仲間意識が芽生えた2人だった。

ステージ6

「知らない人ばかりだ……ドキドキするぜ」……アリオテス・ゲー

伝説のカード……?

  • アリオテス(覇眼戦線2)
  • アーサー(覇眼戦線3)
  • シリス(Birth Of New Order、1-1以来)
  • 朝比奈蓮司(グレートクイズウォー)
  • タツマ(FairyChode)
  • レグル(幻魔特区RELOADED)

もし、目の前にエースカードのモデルがいたらどう思うだろうか。

少なくとも蓮司は興奮して話を遮った。

メンタルアイアンズ

  • エニグマチェリー(からふる!エニグマフラワーズ)
  • スモモ(桃娘伝、和の国)
  • ユピナ(黄昏メアレス)

相対的に過去(およそ1000年)の人物である桃太郎(女の子)スモモ、相対的に未来人(およそ100年)のユピナ。時界のセティエがタイムパラドックスを起こさないように、ちょっと釘を刺して回っていたことが判明する。とある人物はその比ではなかったようだが、これは生き証人がいるかの違いだろう。

むしろ、歴史を変えたことがあるチェリーを問い詰めた方がよいのではなかろうか。

怪物に乗っ取られそうになり、その力で人助けをしている。容姿はユピナ曰く「ぐちょげろ」。他の2人(人造人間と魔法少女)はイベントで語られているが、いずれも人外ゆえの力を得て、闘っているポジティブシンキングがそっくりであった。

異界の中でも思想の杓子が会わないチェリーにとっては、遂に話が通じる人と出会えた。が、チェリーの仲間からは引かれている。

いろいろ黒ウィズ5

  • アーサー(覇眼戦線3、6-1以来)
  • ジャビー(喰牙RIZE2)
  • 朝比奈蓮司(グレートクイズウォー)
  • 看護騎士ガトリン

アーサーの力を利用して戦っている人2人目。力がなくとも運命に立ち向かう姿勢は、アーサーの姿を継承していた。斬り合った武人アラヅキはアーサーに薦める。

そして、蓮司も到着。家電売りに役立っているというが、当然の如く伝わらなかった。

  • アッカ&ロッカ(幻魔特区スザク)
  • ミラノ(ゴールデンウイーク2016)

鏡の中の自分が友達だった(融合済み)ミラノと、鏡映しの姿であるアッカ&ロッカの出会い。ミラノは、彼女たちが一目で双子ではないと気付いた。波長が合う2人はそれぞれの出会いを得て、外の世界にかけがえのない友を見つけている。

でも、ミラノが渡してくるカナブンはいらなかった。

和気アイアイ

  • アイ&アイ(追憶のレディアント)
  • シトラ(眠れる遺跡のアウトランダー)
  • ヴィティ(眠れる遺跡のアウトランダー)

機械姉妹が機械と出会うだけのエピソード。銀アイの制作者もパーティーに参加しており、陰で喜んでいると思われる。

ステージ7

「着物着てる子、多くない?」……ガンダウナー=ルリアゲハ

和の刃

  • ルリアゲハ(黄昏メアレス)
  • ハヅキ(和の国)
  • ツバキ・リンドウ(和の国)

日本をモデルとした舞台は数多く挙げられる。1つは丸ごと江戸を元とした”和の国”。1つは戦国時代を元とした”龍原”。こちらはルリアゲハ姉妹、ヒュウガ(八百夜町 必殺異聞録)の出身で「黄昏メアレス」の異界にある。

他にも、現代東京を舞台とした「FairyChode」、異界不明の刀使い・侍なんかもいたりする。

竜と龍

  • ミホロ(FairyChode)
  • タツマ(FairyChode)
  • リティカ&グリフ(心竜天翔、本能と力が全てを支配する異界)

グリフの母に竜の力を託されて竜人のようになったリティカと、人の姿で再誕した龍タツマの出会い。

「いろいろ黒ウィズ2」(ステージ3)でもあった、ドラゴンに関わる人たちのストーリー。異界によって人との関係は違っても、どこも想いは繋がっていた。果たして彼らはドラゴンチキンレースを知ったらどう思うのだろうか。

スイートボンバー

  • チョコレート傭兵団(5-1以来2度目)
  • ディギィ(FairyChode)
  • キョウコ(FairyChode)

ヴィクトリアとディギィの2人による、お菓子の早食い競争。長机1列単位でのレースで、規格外の食欲であることがうかがえる。彼女たちを甘やかしている人たちの援助もあり、今日も彼女たちは我を貫く。

それはそれとして、2人のレースに轢かれたエーファは相変わらずである。なんでもお菓子で安請け合いするヴィクトリアを支える彼女は、この後に仲間(通称:苦労人卓)と出会うこととなる

朕の喜劇

  • ユーム(異界を監視する役割)
  • ストリー(ユームの部下)
  • テスタメント(天界→魔界)
  • マクシエル(天界)

実は上司がいたらしいユーム(見た目卵)、おこたを囲う部下のストリー(布地が少ない)。異界の問題を解決するため、時々黒猫の魔法使いを頼っていた彼らは、騒動の一段落に一息つく。

しかし、彼らのお仕事はすぐに回ってきた。マクシエルの策謀によって、一族を皆殺しにされた上に自身も魔物に堕とされた。テスタメントは怨敵マクシエルを探すためだけにパーティーに参加していたのだ。近くにはマクシエルが酒を飲んでおり、ぶつかる危機が近づいていた。

テスタメントの目に汁をかけ、その隙に会場を停電させる。何とかしのぎ切った彼らは、2人のすれ違いを祈ったのだった。

ステージ8

「実に楽しく、有意義なパーティですね」……ヤーシャラージャ

いろいろ黒ウィズ6

  • リピュア(黄昏メアレス2)
  • ヤーシャラージャ(SOUL BANKER)
  • ルダン・カガルガ(SOUL BANKER)
  • レッジ(黄昏メアレス2)

非常識代表リピュアの手にかかれば、金庫に預けてあった「子供らしさ」を取り戻すことができる。ドーナツを食べに行った子供たちをよそに、副頭取ルダン・カガルガは相当焦っていた。

絶対の自信があるから、異界中の危険物を封印・管理している。その防壁がいとも容易く崩されてしまったのだ。さらに、保管庫に干渉された形跡もない。真剣に考察する彼へ、リピュアの関係者レッジは「考えるだけ無駄だ」と断じた。

そして、彼らは苦労人卓へと集まっていく。

  • スニェグーラチカ(FairyChode)
  • ヒョウ(和の国)
  • シール(夏を運ぶ航海士)

雪女vs夏を運ぶ航海士。勝負の行方は、雪女側が氷のダミーを作った撤退によってうやむやとなった。が、一瞬で溶かされたので危険物に認定される。

【ピンポイント童話豆知識】(アーシェより)

童話『雪娘』では、雪で作られた女の子が、最後は熱で溶けて消えてしまうんですよ。


スネグーラチカ(露: Снегурочка)はロシア民謡にでてくる雪で出来た女の子のこと。アレクサンドル・オストロフスキーの戯曲や、これを元としたリムスキー=コルサコフのオペラ『雪娘』に登場する。

wikipediaによると、彼女は太陽神の光(朝日)によって溶かされた。

生きてんノ?

  • ツクモ(和の国?)
  • ガイエン(和の国?、喰牙RIZE3)
  • ホロビィ(魔轟三鉄傑)

死神ホロビィと、異界に行った死にかけの魂を引き戻した人たちのお話。

死界に三度も訪れたギャグ世界の住民リルム(アルティメットガールズ)とか、三途の川を行き来している鬼(ヨミチ、八百八町)とか、死界経由で元の世界に戻っていた銀河鉄道とかはいるが、基本的に死者蘇生が禁忌の世界。死にかけの魂を異界を越えて引き戻したのは、相当の業績であった。

もっとすごイ死神になると意気込むホロビィ、最後の記憶は早食いで突貫する少女だった。

その頃、死界

  • マサン(FairyChode)
  • カティア(SUGARLESS BAMBINA Ⅲ)
  • エネリー(喰牙RIZE)
  • エルロウ(喰牙RIZE)
  • ヒルデ(喰牙RIZE)
  • ミツィオラ(覇眼戦線2)
  • フレンドシップ(響命クロスディライブ)
  • デイブレイク(響命クロスディライブ Ⅱ)
  • チャパル()
  • ウラガーン(abcd1)
  • イザヴェリ(死界)
  • ヴィヴィ(死界)

いくらパーティーが異界問わずといっても、死人は参加できなかった。お留守番を任された人と悪人どもの一節である。「悪人の魂をまとめて送り出す実験」といつものように企てるカティアたちへ、エルロウら自警団が追ってくる

なお、ハロウィン大魔道杯で取り上げられたが、こいつら全く反省していない。反省していないからこそ、転生することを受け入れず生き返ろうとしているのだ。

もう一度、会えるとは

  • アレク(メインストーリー)
  • クラヴィル

異界に攫われて行方不明となってしまった組み合わせ。こういう人たちが出会うことも、このパーティーの目的であった。当時と少しも変わらない彼らはひと時の再会を過ごし、そして星を見る約束を交わす。

グランドフィナーレ関連作品リンク

【黒猫のウィズ 備忘録】黒ウィズグランドフィナーレ_Part 1
「魔法使いと黒猫のウィズ」のメインストーリー完結記念で行われた「黒ウィズグランドフィナーレ」の備忘録です。数多くの掌編で、異界間の交流が描かれています。とあるイベントにて、この時をきっかけとするもの、伏線を回収するものがあったため、登場人物...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました