2018年07月一覧

新井紀子「ロボットは東大に入れるか」AIのできること、できないこと

新井紀子作「ロボットは東大に入れるか」は、2011年に開始したプロジェクトの、途中報告と概要について紹介しています。人の限界を超えているのだから東大ごとき楽勝、人の感情や設問を理解できないから厳しい。簡単に答えの出せない問題に挑む人たちから、人工知能を知らない一般人に向けたメッセージとなっています。

誉田哲也「世界でいちばん長い写真」広がる少年の世界

誉田哲也作「世界でいちばん長い写真」は中学3年生の少年が1つのものを追い求める成長物語です。何事にも無気力な人であっても”自分の好きなもの”が見つかったとたん、貫き通すことを選びました。まっすぐな姿に徐々に共感を覚えるようになり、好きを押し通す勇気をもらえる作品でした。

新谷亜貴子「ゆずりは」人はなぜ死ぬのか

本記事は新谷亜貴子作「ゆずりは」の紹介記事になっています。残された人ができる最後のことである葬儀を全うするために働いている人たちの物語です。死に近い職場の人間が導いた死の意味、血は繋がっていない義理の親子の愛情について描かれていました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告