2018年開始、2017年の漢字を振り返って

昨年もまた多くのことが起こり、そして歴史に刻まれました。

そのことを象徴する2017年の「今年の漢字」の投票結果は見たでしょうか。発表からすでに3週間以上経っていますが、年も明けたことですし改めて見ていきましょう。

今年のtop10は「北」「政」「不」「核」「新」「選」「乱」「変」「倫」「暴」。珍しく去年から「選」「変」「不」「倫」「乱」と半分が続投しています。とりあえず話題ごとに分別してみました。

この段落からこれら10文字を太字にしておくので、良かったら数えてみてください。

  • ルール1:太字にするのは2017年のトップ10文字のみ。
  • ルール2:「」内の物は文字数に換算しない。
  • ルール3:ただし引用に関しては特例で含める。
  • ルール4:成功、失敗による影響はないので、気楽にどうぞ

まず「政」「選」「変」の4文字。例年以上に治への関心が高くでている気がします。

森友学園問題、希望の党と立憲民主党の設立、衆院祥事の明細化etc……米国や朝鮮など近隣国が大きく揺れたこともあり、「希(13位)」「米(14位)」「忖(18位)」なども上位に入っています。

次に「北」「核」の2文字。韓国のにある某国による騒動です。Jアラートとか軍事的行動とか調べれば大量にでてきます。これは今年も絶対に続くということですが、解決策は出されるのでしょうか。

心が曖昧なままの政治活動は国民の信を招いた。」(公式サイトより)は朝鮮問題と日本治へのダブルミーニングになっており、2017年の負の点をよく示した一文だと思います。

3つ目は「不」「乱」「倫」「暴」。前者3文字は順位こそ違えど2016年から続投した連中です。SNSの拡散によって、隠された問題が掘り出された影響でしょう。理由もほとんど同じです。

企業の正、業界の混、過労死や品質管理などの理問題などが続々とかれる。去年から解決していない点を見ると、組織は他人の失敗を顧みないんだな、とつい思ってしまいます。

ここまで悲観的な意見を書いていましたが、よい意味でんだ人もいます。残っている「新」と共に見ていきます。

「北」では、日本ハムへ清宮幸太郎選手の入団、キタサンブラックの活躍。
「選」では、情報量やサービスの増加による択の余地が増えたこと。
「変」では、IoTや働き方に革がもたらされ、第四次産業革命へまた一歩動く。
「核」では、兵器を収縮すべきか排除すべきか、再考する機会が与えられる。
「新」では、党結成、藤井聡太棋士や桐生祥秀選手の日本記録の樹立など。

最後に、ここまでで太字は何文字出てきたでしょうか。

正解は今年の西暦にかけた18文字。

正解不正解関係なく、ここまで付き合う忍耐力があれば今年も一年やっていける、と思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告